豊胸手術で美しいボディを手に入れる~理想のバストへの道~

女医

手術の種類と注意点

胸

種類を知っておく

豊胸手術を考える前に知っておいたほうがいいのが、豊胸手術の種類についてです。豊胸手術はプチ整形の「ヒアルロン酸注入法」や、シリコンバッグを入れる「バッグプロテーゼ挿入」、「脂肪注入法」の3つの種類に分けることができます。ヒアルロン酸をバストに入れる豊胸手術は比較的簡単にできます。効果は1年ほどしかもちませんが、一時的にでも豊胸気分を体験したい人におすすめです。バッグプロテーゼ挿入法は、豊胸手術の定番です。バストの中に入れるシリコンのサイズや形は沢山あり、理想通りのバストになれます。脂肪を入れてバストを大きくするのが、脂肪注入法による豊胸手術です。自分の脂肪細胞を入れるのでナチュラルな仕上がりになります。

気を付けるポイント

どんな豊胸手術をするにしても、沢山カウンセリングを受けて、経験や実績が豊富な信頼できるクリニックを見つけて行うことが大切です。ヒアルロン酸を入れる豊胸手術は簡単にできるとはいっても、手術をする医師が下手だとしこりになることがあります。バッグプロテーゼ挿入法はわきの下やバストの下を切開してシリコンを入れます。手術痕は時間の経過とともにほとんど目立たなくなりますが、未熟な医師が執刀すると傷あとが残ってしまうリスクがあります。脂肪注入法では脂肪の生着率が問題になります。脂肪を沢山入れても代謝されるとなくなってしまうので、大量にバストアップしたい場合は2回や3回ほど繰り返して脂肪を入れる必要があります。